看護師のお仕事

看護師 イメージ

病気の人や怪我人と関わる職業

一言で言うと、医師の補佐役のようなものを想像すればいいかも知れません。

就職する病院や、専門分野によっても違いますが、患者さんのお世話をしたり、リハビリの手伝いなどもします。

コラム  〜看護士、看護婦と区別がなくなった〜

以前から医師の補佐役としては、看護婦の方が多かったように思われますが、最近では男性も増え、看護士(男性)、看護婦(女性)と区別をなくすことで「看護師」という職種になっています。

看護師になるには:

  1. 看護系の大学などの学校、専門学校等を修了する
  2. 医療についての知識や高齢者との接し方などを幅広くカバー
  3. 国家試験に合格することによって看護師免許を取得する

といった事項をクリアしなければいけません。

看護師という職業は知識も重要ですが、医療に対しての気持ちや、スキル・ノウハウなども磨いていかなければなりません。

Pick Up(ピックアップ)

自分のやる気次第でなれる職業

〜士、〜師といった職業は、特定の大学課程を修了したり、国家資格を必要としたりするケースが多く、一般的に敷居の高い職業ではあります。

しかしながら、仕事に対するやりがいや貢献度に関して言えば最高の職業かもしれません。

求人サイトをよく知るなら

介護福祉士のお仕事をしよう!

介護福祉士の仕事は高齢化社会である日本にとって、ますます必要とされる職業です。

高齢者の方にとっても自分にとっても貢献し、優しくなれる職業なのではないでしょうか?

介護福祉士になるには?

Pop Site!!(いちおしサイト)