介護福祉士のお仕事

介護福祉士 イメージ

高齢者のお世話をする仕事

介護福祉士は、人口の高齢化に伴い、介護福祉センターや老人ホームなどで年々需要が高まっている職業です。

現在でも人手が足りていない状況で、これからはもっと必要になる存在です。

コラム  〜高齢者の世話をするということ〜

高齢者の世話をするのはとても重労働です。老人ホームなどでは、心のケアなども必要とされ、コミュニケーション能力が問われる仕事でもあります。

また、寝たきり状態などの重度の介護施設では、体の向きを変える、食事をさせてあげるといったことまで、全部お世話をする必要がある職業なのです。

介護福祉士になるには:

  1. 介護福祉士の養成施設を卒業する
  2. 高齢者との接し方、車椅子などの特殊機材の知識が必要
  3. 国家試験に合格することによって介護福祉士資格を取得する

といった事項をクリアしなければいけません。

介護福祉士という職業は知識も重要ですが、何よりもまず高齢者の気持ちになって考え、実際に車椅子を体験するといった経験が重視される職業です。

Pick Up(ピックアップ)

自分のやる気次第でなれる職業

〜士、〜師といった職業は、特定の大学課程を修了したり、国家資格を必要としたりするケースが多く、一般的に敷居の高い職業ではあります。

しかしながら、仕事に対するやりがいや貢献度に関して言えば最高の職業かもしれません。

求人サイトをよく知るなら

介護福祉士のお仕事をしよう!

介護福祉士の仕事は高齢化社会である日本にとって、ますます必要とされる職業です。

高齢者の方にとっても自分にとっても貢献し、優しくなれる職業なのではないでしょうか?

介護福祉士になるには?

Pop Site!!(いちおしサイト)