歯科医師のお仕事

歯磨き イメージ

歯と深くかかわる仕事

歯科医師といっても、歯の治療を行う一般的な歯科医と、歯の整形をする矯正歯科などの分野に分かれています。

分野は違っても歯に関する知識は必ず必要になる職業です。

コラム  〜口の中を見る職業〜

歯科医師は口の中を見ることが主な仕事です。もし口の中を見ることに対して抵抗のある人は向いていない職業と言えます。

また、歯の隙間や虫歯の治療などといった細かい作業も必要な職業です。

歯科医師になるには:

  1. 歯科大学や大学歯学部で6年間の教育を受けておく必要があります。
  2. 細かい作業をする技術やノウハウを大学で学ぶ
  3. 歯科医師国家試験に合格することによって資格を取得する

といった事項をクリアしなければいけません。

歯科医師という職業は歯に関するものと知識の範囲が限定されている分、深くまで掘り下げて知識を習得する必要がある職業です。

Pick Up(ピックアップ)

自分のやる気次第でなれる職業

〜士、〜師といった職業は、特定の大学課程を修了したり、国家資格を必要としたりするケースが多く、一般的に敷居の高い職業ではあります。

しかしながら、仕事に対するやりがいや貢献度に関して言えば最高の職業かもしれません。

求人サイトをよく知るなら

介護福祉士のお仕事をしよう!

介護福祉士の仕事は高齢化社会である日本にとって、ますます必要とされる職業です。

高齢者の方にとっても自分にとっても貢献し、優しくなれる職業なのではないでしょうか?

介護福祉士になるには?

Pop Site!!(いちおしサイト)